家を売却する時に不安なことは?

今の自分の家の売却相場価格はいくらなのか?

不動産会社に査定をお願いして、適正な値段で買い取ってもらえるのか?

悪徳な不動産会社に相場より安く査定されてしまわないか?

 

一戸建て・マンションなど家の売却をする時には、以上のような心配があるかと思います。

 

ですが、これらの悩みは以下の方法を使えば簡単に解決できちゃいます。

意外とカンタン!家の売却相場を知る方法

家の売却値段の相場を知るには、以下のような不動産一括査定サイトを使えば今すぐ知ることができます。

 

不動産一括査定「イエウール」

 

家の売却相場はいくら?一戸建て・マンション査定の前に

 

・利用は完全無料
・簡単60秒入力で最大6社に一括査定依頼
・全国900社以上の優良不動産会社と提携

 

>>無料査定はコチラ

 

何社かの不動産会社の査定金額を比較することによって、今のあなたのお家の売却相場が簡単に分かるので便利です。

家を売る時に絶対にやってはいけないこと

一戸建て・マンションを売却する際に、絶対にやってはいけないことは、「不動産会社1社だけに査定してもらって、売ってしまう。」ということです。知り合いに不動産関係者がいたり、急いで売却したい場合にやってしまいがちな失敗です。

 

家の売却相場はいくら?一戸建て・マンション査定の前に

 

不動産の知識のない私たちには、家の売却値段の相場なんて分かりません。1社だけの査定では相場よりもかなり安く買い取られてしまいがちです。

 

場合によっては、不動産会社によって500万円以上査定額に差が出ることもありますので、必ず一括査定サイトを利用し、まずは売却価格の相場を調べてから、慎重に売るようにしましょう。

一定以上の値段になると、人間は適当になる生き物

家を購入した時のことを思い出してみてください。普段は節約上手でケチな方でも、マイホーム購入の時には、最後は「買っちゃえ!」という勢いで買いませんでしたか?

 

このように、家や車などの一定以上の買い物になると、人間は訳が分からなくなり、細かいことは気にせずに適当になる生き物だと思います(笑)

 

これは売る時も同じです。「どうせ家を売るなら少しでも高く売りたい!」と誰もが思ってはいますが、いざとなると不動産会社とのやり取りなどが面倒になって、適当な価格で売ってしまいがちです。これは非常にもったいないことです。

 

複数の業者の査定金額を比較するだけで、50万円・100万円ぐらい得できることはざらにあるのです。まずは、不動産一括査定サイトで売却金額の相場を調べることから始めてみましょう。

満足いく査定価格の場合のみ売る、でもOK

「マンション・一戸建てを査定してもらって、高く買い取ってもらえそうな時だけ売りたい!」というケースにも、不動産一括査定サイトをとりあえず使ってみると良いでしょう。

 

家の売却相場はいくら?一戸建て・マンション査定の前に

 

何社かの不動産会社に査定してもらうことにより、おおよその売却相場が分かりますので、「この売却値段であれば、売ってもいいかも。」と思った時のみ売ることを考えればよいわけです。

 

家の売却相場価格に納得がいかなければ、売るのを待てばよいだけです。ただし、家の売却値段は、年数が経過すればするほど下がるのが一般的ですので、家を売ることが決定しているという場合には、早めに売ってしまったほうが得できるケースは多いことは覚えておきましょう。

 

>>家を今売ったらいくらか?を調べるにはコチラ

 

 

家の査定に関するQ&A

家を査定に出す際によくある疑問を以下にまとめておきますので、参考にどうぞ。

傷んだ箇所も多い築年数の経ったマンションを売却したいのですが、リフォームをしてから売ったほうが高く売れますか?

古くなったマンションの場合には、リフォームして綺麗にすれば売却値段は上がりますが、その上がった分以上にリフォーム費用がかかってしまっては、そもそもリフォームする意味がなくなってしまいます。

 

売却値段をアップさせる目的で改修工事をする場合には、家の中で壊れている部分をなおすぐらいにしておいたほうが良い場合が多いです。もしくは、査定に出す時に不動産会社にリフォームしたほうがいいのかどうか相談に乗ってもらってからの判断でも遅くはありません。

 

あなたがマンションを売った後に中古マンションとして購入する人は、新築住宅よりも安く買って、その後にリフォームをして自分好みに改修することを最初から考慮に入れているケースも多々あるので、老朽化しているとはいえ下手にいじらないほうが良い結果になることもあります。

今の家に住んでいる状態で家は売れますか?

もちろん売れます。でなければ、家を一定期間は2軒所有しなければいけないことになりますよね。そんなことはありません。ですが、買主が家を内覧する日時をあなたと都合を合わせる必要があるので、空き家物件に比べれば売りにくい、という言い方もできるかと思います。

 

ただ、家の中をキレイに整えておいたり、対応を良くするなどすれば、見に来た人に好印象で売れやすくなるという良い所もあります。前にこの家でどんな人がどんな生活をしていたのか?というのはやはり購入される方にとっては気になるポイントとも言えます。

 

考えたくはないですが、万が一ややこしい人が住んでいた家で、何かしらの恨みを買っていたことによるとばっちりを受けてしまう・・・なんてことも確率はゼロではないわけですから。

 

もう1つ。以前に住んでいた人が家を売る理由も気になるところ。ご近所にややこしい人がいてトラブルを抱えて、それが原因となって家を売却して引っ越す、、、なんて話は耳にしたことがありますよね。なので買主さんが内覧に来られた時には、家を売る理由や、ご近所付き合いについて、何年もこの家に住んでみて感じたことや、周辺で便利なお店や施設などの情報提供などもしてあげると良いかと思います。

 

家を売りたいからと言って嘘はいけませんが、長い間住んでいたからこそ説明できる情報というのは誰しも持っているはずですので、正直に教えてあげれば好印象を与えることができると思います。

>>家を早く売却したい方はコチラ

 

 

家の査定を行う上で机上査定と訪問査定の違いとは

一戸建てにせよ、マンションにせよ、購入する際には、出来るだけ長い期間そこで住み続けようと考え、購入を決意するものです。ですがそうやって選び抜いた家でも、いざ住み始めた後に、何らかの不満を感じたり、自身や家族の都合により、売却を検討する事になるケースがあります。

 

そしてそういった形で家を売却する事を考えた際、気になるのが家の価値です。家を購入するには、大金が掛かっているので、それを手放す際には、出来るだけ高い価格で売却したいと誰もが考えます。

 

特に住宅ローンが残っている家を売却するとなると、売却したお金で住宅ローンを完済する必要があるのです。逆にそうしないと、所有していない家のローンだけを支払い続ける羽目になります。

 

だからこそ、家を売却する際には、不動産会社が算出する家の査定額というのが、重要です。そして不動産会社が、家の査定額を出す方法は、大きく分けて机上査定と訪問査定の二つに分ける事が出来ます。

 

机上査定

 

実物の家を見る事無く、価格を算出する簡易的な家の査定方法の事を言います。では机上査定が何を基準に査定を行うかと言うと、周辺の売り出し事例や過去にあった売却取引事例等に、市場の動向等を加えて、査定額を出すといった方法です。

 

しかもわざわざ不動産会社を訪れる必要は無く、サイトやメールに必要な情報を記入する事で、査定額を出して貰えるので、売主にとっては気軽に利用出来ます。ただし机上査定は、あくまで目安となる査定額に過ぎず、その金額で売却出来ると約束されるものではありません。

 

訪問査定

 

名前が示す通り、不動産会社の担当者が実際に売却する家を訪れ、部屋や庭等の物件の状態を見て家の価格を算出する方法です。しかも訪問査定では、物件自体の状態に加え、駅までの距離や店が近くにあるか等の周辺環境も加えつつ、かなり詳しくその家の価値について査定してくれます。

 

なので訪問査定ならば、机上査定よりも近い形で、その家が幾らで売却出来るのかを、知る事が可能です。

 

>>まずは一括査定で家の売却値段の相場を知りたい方はコチラ